作業療法学会が閉幕

国立京都国際会館で開催された日本作業療法学会に併設された展示会に「上肢のリハビリ器具 リストラウンダー」と「拇指の伸展装具 親小バント」の2品を出展して、多数の来場者様に実際に体験していただきました。

展示は9月16と17日の2日間でしたが、多数の作業療法士様がブースにお立ち寄りいただき、リハビリ現場の生の声を聴かせていただきました。2つの展示品とも好評で、リストラウンダーは「こんなリストラウンダーを探していました!」「支点が動かないので、利用者さんは安心して自主リハビリ運動ができるのではないか・・」「帰ったら病院の同僚に見せたいので、動画を撮っていいですか?」などのうれしい感想も聴けました。

また以下の改良点が見つかりました。「ベース板は15㎝の大きい方が安定している」「掌を固定するストレッチファスナー(伸縮ベルト)は簡単に交換できるようにしてほしい」「D型ジョイントのスキマを狭くした方が運動が安定するのではないか・・」

指摘された改良点を早急に実施して、10月中に発売を開始する予定です。発売準備が整いましたら、このホームページで御知らせします。

Uジョイント式リストラウンダー

自在継手(ユニバーサルジョイント)の原理を採用したことで支点が安定しているので、恐怖心が少なく自主リハビリができることを期待しています。キャップはSMLの3サイズあります。

親子バンドの装着

プラスチック帯板で親指を伸展させる装具です。写真は親指と人差し指に装着していますが、親指と小指に装着するケースもあることから「親小バンド」を名付けました。リストラウンダーの次に発売開始する予定です。

>福祉用品のことならお気軽にお問合せください

福祉用品のことならお気軽にお問合せください

工房SERAのオリジナル製品についてはもちろん、福祉自助具・リハビリ器具など福祉用品の開発・製作に関してのご相談も承っています。お気軽に工房SERAに問い合わせください。

CTR IMG