組立式チューブ電話の構造

3Dプリンターで組立式チューブ電話の端末マウスを作りました。コロナのウイルスがチューブを通じて相手に流れ込まないように遮蔽するダイヤフラム(薄膜)を円盤状にカットしました。カットしたダイヤフラムはフランジ(輪っか)とマウスのフランジに挟みんでネジ止めしました。クリアファイルが適当に硬いので音波は感度良く振動しているようで、声がチューブ内を伝播して鮮明に聞こます。課題は部品点数が多くて、製作に時間がかかることです。

①コーン、②フランジ、③ダイヤフラム、④マウス、⑤鍋ネジ(2.6×8)
ダイヤフラムをフランジでマウスにネジ止め
マウスのメネジ(M55)にコーンのオネジ(M55)を接続する
>福祉用品のことならお気軽にお問合せください

福祉用品のことならお気軽にお問合せください

工房SERAのオリジナル製品についてはもちろん、福祉自助具・リハビリ器具など福祉用品の開発・製作に関してのご相談も承っています。お気軽に工房SERAに問い合わせください。

CTR IMG