10年ぶりに箸で麺が食べれた

風の谷のHさん 箸の自助具で、箸を開閉して、冷やし中華麺を挟み、持ち上げ、口まで運べました。スパゲティも試しましたが、スパゲッティは中華麺と違って、麺の表面のオイルがあり、滑って摘まみ難いけど、何とか摘まんで持ち上げることはできた。Hさんは笑顔の口元で・・ボソッと「次の改良品を試せるまでに、もっと上手く食べるように指のリハビリを続けるヨ!(笑顔)」と一言。

Hさんに感想を聞き、3つの改良点を確認しました。①箸の取付角度が細かく調整固定できること、②箸の太い側が親指側に寄せてほしい、③握り板をベルトで固定すること。

>福祉用品のことならお気軽にお問合せください

福祉用品のことならお気軽にお問合せください

工房SERAのオリジナル製品についてはもちろん、福祉自助具・リハビリ器具など福祉用品の開発・製作に関してのご相談も承っています。お気軽に工房SERAに問い合わせください。

CTR IMG